岡山セラピーステージゆくり庵(旧:ケイ・ヒプノ)  
HOMEへ 心のしくみへ ヒプノセラピーへ NLPへ 体験レポートへ オフィス概要 料金について 0

 

こんにちは。
マインドクリエーターの桂生子です。


私は30代半ばくらいから、自分に自信が全く持てなくなっていました。
当時、私は主人と二人の子供の4人家族。主人も私もデザインオフィスを一緒にしながら暮らしていました。 
結婚したのは今から16年前、結婚した頃は幸せな日々がこんなに簡単に崩れる日が来るなんて想像もしていませんでした。 うまく行っていた仕事も景気の悪化とともに次第に少なくなっていき、15年後には収入が原因で、主人とは不仲になり、ついには家族すら失ってしまったのです。
離婚後はひとりぼっち。毎晩自分のしてきた行動を責め、泣く日々が続いていました。そして、その頃から自信を失い、自分は何をしたいのか、どこに向かっているのかも分からなくなり、徐々にうつ病の症状が出始め、自分の生きている意味さえ疑問に思えていたのです。
こんな状況が何ヶ月も続き、ついには身も心もボロボロになってしまっていました。
(本当に死のうかと思い、 自殺する寸前まで行ったんですよ( ´ー`)ノ )

『こんな状況ではいけない !
   どうにかしなければ ! ! 』


自分の心のなかで葛藤をくりかえしながら、その状況を変えるために、毎日わらをもすがる気持ちで色々なことを試しました。仕事を変えてみたり、神頼みや占いなんかにも、すがってみました。
また友人に、この心のもやもやした気持ちを打ち明けましたが、周囲の人々は私をなぐさめたり励ましたりはしてくれますが、なかなか心に引っかかった悩みを解決できません。それどころか、私を助けてくれているはずの友人達の言葉が自分本位のことを言っている様に聞こえてしまい、しまいにはその友人達の言葉が耳に入らなくなり、避けるようになってしまいました。
心療内科精神科にも通ってみました。
しかし、病院では薬で一時的にうつ状態を緩和するくらいで、何の解決にもなりません。それどころか、精神科に通っている事自体にストレスを覚えてしまいました。
そんな折、知人からNLPのセミナーを紹介されたのです。
そのセミナーで、今自分がいる位置が見えました。
そして、大胆に Outstanding に何かを変えなければ何も変わらないことに気づかされました。
それからは、何かを変えるということの「何か」を探す毎日のはじまりです。
本を手当たり次第に読み、朝から晩までインターネットで「何か」を探しまくりました。

そんな時、私はある心理療法に出会いました。

『 ヒプノセラピー(
催眠療法) 』 『 NLP 』

そして『ビリーフチェンジセラピー』

最初は何なのかさっぱり検討もつきませんでしたが、 引かれる何かを感じたのです。
私は様々なセラピーについて夢中 に調べてみました。
そして、やっと自分の心のもやもやしたものを取り払う事ができそうな実感を持ったのです。 私は、自分と向き合う事をこの時に、人生で初めてしました。

 ・今の自分の状態は、本当は周りが悪いのではなく、
自分の心に問題があるのではないか?
・私はいつも周囲の人からの評価を気にしている。 
・私はいつもみんなから信頼されたい。
・本当の私は、どんな人なんだろう?
・私は、何のために生きているんだろう?

などなど、色々な事が冷静になると見えてきます。
結局、この様な内面を持つ私は、自他共に厳しく自分を許さないばかりか、人をも許すことができない性格であると気づきました。
そんな自分を自ら責めていることも、気づきました。

その後、私はもっとこのセラピーについて知りたいと思い、東京にいる先生のもとで『こころ』について学んだのです。
気がつけばあっという間に2年が過ぎ、全米催眠療法協会認定の催眠療法士・NLPプラクティショナー、タイムラインプラクテイョナー、メンタルケア心理士の資格を取得するまでになりました。 

離婚後、自分の行動や言動、子供たちのことを思うと、自分を責め続けていましたが、この離婚一つをとっても、私の中で新しい解釈が芽生えてきたのです。 それは、より相手のことを素直に受け入れ理解できるようになったのかもしれません。 こども達へも、穏やかで豊かな会話ができる関係へと変化していきました。
そして、関わる方々への感謝の気持があふれ出て来ている事にきづきました。
離婚後の方が、自分自身の人間としてのこころの成長ができたのです。
この不運というか、自分が種をまいたとも言える苦難は、今では自分が変るための「チャンス」であった!と思います。

今は 体調が悪かった事も忘れるくらい毎日が充実しています。
次には、自分と向き合う時間を待てるようになり、自分の今いるステージや未来の自分の姿がハッキリと見えます。 
以前とは違い、少々の事ではくじけなくなり、つねにポジティブな気持ちでいられる様になりました。
もし、私がこのセラピーに出会っていなかったら、今の私や楽しい仲間は無かったのかもしれません。
それどころか、今こうやって生きている事さえ無かったのかもしれません。
この様な、私が経験した悩みや苦しみは、けっして私だけの事では無いように思います。情報化社会が進み、現在は産業時代に比べ社会で要求されるコミュニケーション能力やスキルをかなり要求される様になりました。
こんな中で、自分のアイデンティティー(存在感)が社会に埋もれてしまいそうな毎日を、私たちは生きています。
そんな時、うすーい、うすーい、ガラスで出来ている私たちの『こころ』は、ちょっとした出来事で傷を負ってしまうのかもしれません。
でも、傷を負ってしまった『こころ』は必ず修復できます。
そして、もしあなたが不安やストレスを抱えたなら、それを決して一人で抱えないで欲しいのです。

私は 私の経験を通して、
傷ついたガラスの『こころ』がピカピカと
自ら輝けるよう お手伝いいたします。


私に関わるすべてのみなさんへ
心から感謝します。

■私の「甘えられない私の過去」




岸本 桂生子(Keiko Kishimoto)

・国際催眠連盟(IHF)認定トレーナー
・国際セラピートレーニング協会認定トレーナー
・米国NLP協会認定トレーナー

棚田式NLPビリーフチェンジセラピスト
全米催眠療法協会認定 ヒプノセラピスト
タイムライン協会認定 プラクティショナー

マインドクリエーター 岸本 桂生子
ヒプノセラピー・ビリーフチェンジセラピ
 
 
■国際催眠連盟(IHF) 
ヒプノセラピストトレーナー認定証

国際催眠連盟(IHF) トレーナー
■国際セラピートレーニング協会(ITTO)トレーナー認定証
国際セラピートレーニング協会(ITTO)認定トレーナー
全米催眠療法協会(ABH) 
ヒプノセラピスト認定証

全米催眠協会ヒプノセラピスト認定証  
タイムラインセラピー協会
認定証タイムラインセラピー協会認定証
ブザン・ワールドワイドジャパンマインドマップBasic Course認定証
トニー・ブザン マインドマップ認定証
  ■クリスティーナ・ホール博士による米国NLP協会ソサエティオブNLPトレーナーズ認定証
米国NLP協会認定トレーナー岸本桂生子
NLPプラクティショナー認定証
クリスティーナホール博士・鈴木信一氏と桂生子★クリスティーナ・ホール博士
鈴木信一先生

クリスティーナ・ホール博士
1978年、NLP開発者であるリチャード・バンドラー氏らによって設立された世界で最も歴史の長いNLP協会、The Society of NLP の現理事長です。

全米NLP協会(ABN) 
NLPプラクティショナー認定証

NLPプラクティショナー認定証


 


  ご案内
お問合せはメールで Q&Aコーナー セッションルームの地図 リンクへ セッションルームについて セッションのご案内へ セラピスト プロフィールへ ごあいさつへ
NLPセッションについて

 




































ご案内

Copyright (C)2012 Therapy Stage YUKURIAN All Rights Reserved.