岡山セラピーステージゆくり庵(旧:ケイ・ヒプノ)  
HOMEへ 心のしくみへ ヒプノセラピーへ NLPへ 体験レポートへ オフィス概要 料金について 0
image
  催眠の歴史

催眠は英語でヒプノーシス(hypnosis)といいます。
ギリシャ語で「眠り」という意味をもつ語から、イギリス人のDr.James Bride(ブレイド氏)により19世紀に創られた言葉です。
ギリシャ語のHypnos(眠る)という意味から由来しています。

古代エジプトにあった「眠りの寺院」では僧侶が信者を眠りに誘導し、病気を治癒する暗示を行っていたい増した。その時僧侶がもちいた手順は、私達が現在「催眠誘導」として使っているものと良く似ていたようです。この手法は紀元前4世紀のギリシャへ伝わり、その百年後にはローマに伝わりローマ帝国内で継承されました。
何時の時代も、祈とう師、シャーマン、メディスンマン達が存在していました。こういった人々の「暗示・癒し・眠り」といった概念が時代と文化に反映しながら変化しつつ存在していったのです。

その後アメリカでは、1958年に正当な治療として催眠が認められました。

また、ヒプノーシスの名づけ親であるイギリス人のブレイド(1795〜1860)は催眠中の意識状態は眠りとはまったく違ったもので、催眠中に起こっていることすべて事に気づいており、決して自己コントロールを失うことはないことを研究の中から導きだしました。フランス人の薬剤師エミール・クーエ(1857〜1926)は「毎日あらゆる意味で、私は向上している」といった目覚めているときの暗示「自己暗示」が、催眠のすべてであるととなえました。その一例として「この痛みは消える‥消える‥」といったように自己暗示による催眠を使った無痛状態のメカニズムも研究しました。そして、今まで誤解をうけやすかった催眠が、心理療法の一つとして認められていきました。その後、天才的な精神科医イギリス人ミルトン・エリクソン(1901〜1980)の功績により、催眠が社会的に受け入れられました。彼は、催眠に不可欠なトランス(変性意識状態)は私たちの日常で既に起こっていると説き、催眠療法の可能性を一挙に拡げました。


彼の不思議な話術ともいえる治療は、日常会話のような自然さで行うものでした。会話の中身は暗示による物語ですすめられ、相手の真意をノンバーバル(非言語的)な反応から読み取り、そして博士の質問によるコミュニケーションで真意に基づいた解決に向けてクライアントを導びいていくといった神業的なものでした。



 
  エリクソンの登場により、催眠療法は新たな可能性をひらきました。日本でも有名になった精神科医ブライアン・L・ワイス博士は20数年前、キャサリンというクライアントとのセッションにより、「前世療法」を偶然に生み出しました。セッション中に突然クライアントが過去世へのアクセスをしはじめました。その結果、改善へのプロセスをたどっていくことに気づくことが出来たのです。
そのプロセスを本にしたのが『前世療法』といい、
全世界でベストセラーとなり、彼の名は一躍有名になりました。
そして今回もまた、何人かのクライアントとのセッションにより
「未来世療法」に出逢うべくして出逢ったようです。
今も尚、催眠を研究し続けているのワイス博士は、
ヒプノセラピーの先駆者なのです。






*セラピスト岸本の師である、矢澤フレイ伸恵氏は
ブライアン・ワイス博士の元で、催眠療法のワークを直接学び、
帰国後インストラクターとして有望なセラピストを育てていらっしゃいます。

セッションのご予約お問合せはこちら
 

  ご案内

Q&Aコーナー セッションのご案内へ ヒプノセラピー活用例 インナーチャイルド 胎児退行 前世退行 年齢退行 退行催眠とは ヒプノセラピーへ 催眠の歴史 催眠とは

 











































ご案内

Copyright (C) 2012 Therapy Stage YUKURIAN All Rights Reserved.